デート6回目で脈なしと決めるには早い!告白に持ち込む方法は?

     
PICK UP   この記事は
ECONOMY(年収500万円未満)

「デートを6回しても進展がないから脈なしかも。。」なんて、お悩みではないでしょうか。

デートを繰り返しても一向に告白されなければ、自分のことをどう思っているのか心配になりますよね。

せっかく何度もデートしても完全に脈なしなら時間がもったいないです。

しかし、デート6回目で告白されなかったからと言って脈なしとは限りません!

そこで今回は、デート6回目を終えても進展がないときの対処法をご紹介していきます。

冷静に相手の気持ちを見極めながら、2人の関係を進展させましょう!

1.デート6回目を終えても進展がないときは?

デート6回目を終えても2人の関係に進展がないときは、以下のいずれかのパターンです。

あなたの場合もどちらかのパターンに当てはまるはずです。

単に男性が告白するタイミングを逃しているだけなことは多いです。

そして、どちらに当てはまったとしてもやれることはあります。

あなたが相手のことを好きなら自分からアクションを起こすべきです。

相手がまだ付き合いたいと思っていないパターンでも、あなたが好意を伝えることで付き合えるかもしれません。

したがって、付き合うことをすぐに諦める必要はないです。

1−1.付き合うことを諦めるべき?

デートを6回しても進展がなかったからといって、付き合うことを諦めるべきではありません。

付き合うことを諦めるべきなのは、相手にハッキリと脈なしだと言われたときだけです。

ハッキリと脈なしだと言われたのであれば、付き合うことは諦めたほうが良いと言えます。

そのようなときは、友達関係を続けるのか関係を解消するのかを話し合ってください。

なので、まずは相手から告白してもらえないかどうかを考えてみましょう。

2.相手から告白してもらうためには?

相手から告白してもらうためには、男性が告白したくなる瞬間を理解することが大切です。

あなたと6回もデートをしているということは、男性側もあなたのことを嫌っているわけではないと考えられます。

したがって、何かキッカケさえあれば恋人になることもできるはずです。

男性が告白したくなる瞬間は、相手の女性を失いたくないと思ったときだとされています。

たとえば、「付き合わないなら今後は会えない」と伝えることで、恋人になろうという気持ちになってもらえるのです。

しかし、奥手な男性なら告白できずに関係が終わってしまうかもしれません。

なので、相手が告白をしてくれないようなら、最後に自分から告白するのも良いでしょう。

2−1.自分から告白するのはアリ?

どうしても進展がないとき、自分から告白するのもアリです。

告白といえば男性がするものだと考えている女性も多いですが、そのような決まりはありません。

女性から告白して付き合ったというカップルもいるので安心してください。

ちなみに、デート6回目で告白されなかったという人も珍しくはないので焦りすぎないことがポイントです。

3.デート6回目で告白されなくても焦らずに!

デート6回目で告白されなくても、すぐに脈なしだと決めつけて焦らないようにしましょう。

一般的には3回目のデートあたりで告白をする人が多いです。

しかし、必ずしもそうではなく、たくさんのデートを重ねてから付き合うことになるカップルもいます。

焦って相手との関係が悪くなってしまうのは、最も避けるべきことです。

したがって、デートを6回して告白されなかったとしても、焦らずに冷静に付き合うために行動しましょう。

7回目のデートで告白されなければ自分から動くべきという考え方もあるくらいなので、まだ焦る必要はありません。

あなたが行動することによって、思っていたよりも簡単に付き合うことができる可能性は高いです。

ただし、6回もデートしたといっても、まだ友達関係であることは忘れないようにしてください。

4.あくまでもまだ友達関係だと忘れないのが大切

付き合うまでの関係では、あくまでもまだ友達関係であることを忘れないようにするべきです。

どれだけ仲良くなっても恋人ではないということを理解しておかなければなりません。

たとえば、デートを重ねてきたことによって男性が恋人気分になってホテルに誘ってくるかもしれないです。

そのようなときには、安易についていかずにハッキリと断ってください。

ホテルに行くことによって付き合えるようになるかもしれないと考える人もいるかもしれませんが、付き合う前のホテルデートは傷つく可能性が高いです。

もしも友達の段階でホテルに誘われたなら、恋人として付き合ってからにしてほしいと伝えましょう。

あなたのことを本当に大切に思っているのなら、しっかりと告白してくれるはずです。

まとめ

デートを6回しても付き合えない場合、自分からアクションを起こすべきです。

自分から告白ができないという人も、相手が告白しやすい状況を作るのが良いでしょう。

決して、デート6回目で進展がなかったからと言って脈なしだと諦める必要はないのです。

ただし、ハッキリと脈なしだと言われるというように付き合うことを諦めたほうが良い場合もあるので、慎重に判断してください。