デートの誘いを断られた!それでも2回目でOKされる方法を伝授!

「せっかくデートに誘ったのに断られた」と落ち込んでいませんか?

しかし、落ち込むのはまだ早いです!

1度デートに断れただけなら、まだ脈アリの可能性は残っています。

しかし、断られた後のあなたの態度によっては相手の女性に「断って良かった」と思われることも。

今回は女性がデートを断る理由や再びアプローチを掛ける方法をお伝えします。

デートに断られても、適切なアプローチをしてもう一度デートに誘いましょう!

1.女性がデートを断る理由

女性がデートを断る理由というのは、何も「誘ってきた相手のこと好きではないから」という理由だけではありません。

中には「誘ってくれた相手のことは、自分も気になっているのだけれど・・」とやむを得ずデートをお断りする女性だっているのです。

あなたも、もしかしたらやむを得ずデートをお断りされたのかもしれません。

まずは、女性がデートを断る理由を3つご紹介します。

  1. 別の用事がある
  2. デートにかけるお金がない
  3. あなたと2人きりになるのが嫌

女性がデートを断る理由を知って、女性の心を分析してみましょう。

理由1.別の用事がある

一番に考えられる理由は、別の用事があるからという理由です。

せっかく男性からデートに誘ったけどどうしても都合がつかず、デートをお断りするという女性は多くいます。

あなたが「〇日にデートしない?」と具体的な日にちを提示して女性をデートに誘ったのであれば、別の用事がある可能性が高いです。

相手の女性は予定をチェックし、「もう予定が埋まっているな」と確認し、「その日は忙しいんだよね」と断ったのかもしれません。

このような断り方の場合、脈ありの可能性はまだまだ高いので「いつなら空いてる?」と聞いてみましょう。

空いている人を教えてもらえるはずです。

ただし、「しばらくは空いていない」という断り方は、建前で「別の用事がある」「忙しい」と言っている可能性もあります。

その場合には、それ以上食い下がると「この人めんどくさいな」と思われてしまうかもしれません。

一歩引いて、しばらくしてからデートに誘ってみるのが良いでしょう。

理由2.デートにかけるお金が無い

デートにかけるお金がないことも、女性にとってはよくあるデートを断る理由です。

きっと、女性に「お金が無くてデートできないんだよね・・」と断られたという経験をした人もいると思います。

そんなとき、「デート代出すから!」なんて安直に返事をしてはいけません。

女性はデート当日に使うお金が無いのではなく、デートの準備をするお金が無いということで「お金が無い」と言っている可能性が高いです。

女性の中には、デートをするために新しい洋服や靴、化粧品を買いそろえるという人もいます。

そんなオシャレな女性であれば、デートのために数万円必要だと考えているのかもしれません。

そのため、お金が無いと言われたらとりあえず黙って引き下がるのが吉です。

冗談の言える関係性が築けているようなら「最近出費あったの?」「給料日いつなのさ(笑)」と軽く聞いてみるのも良いでしょう。

理由3.あなたと2人きりになるのが嫌

デートを断る理由として、あなたと2人きりになるのが嫌だという心理が働いていることもあります。

あまり関係を築けていないのであれば、警戒心を持たれている可能性が高いです。

男性がほとんどの女性を恋愛対象として見るのに対し、女性はその反対にほとんどの男性を恋愛対象として見ていないと言われています。

そのため、「まだ相手のことを良く知らないのに2人でデートしてその気にさせてしまったらいけないな」と警戒し、男性とのデートを断る人も多いです。

「2人きりはちょっと・・」と言ってくれればまだわかりやすいのですが、この手のタイプは「忙しい」など別の理由をでっち上げてデートを断ってくることが多いです。

もしあなたが相手と普段からそれほど親しくないのにデートに誘って断られたのであれば、相手に警戒されている可能性が高いと判断するのが賢明でしょう。

その場合、無理に押しまくるのは危険です。

余計に警戒心を抱かれてしまうかもしれません。

相手の警戒心を解くためには、普段から会話を多くしたりLINEの回数を増やすなどをして地道に距離を詰めましょう。

2.デートを断られたときにするべき対応

デートを断られた瞬間はショックが大きく、正しい判断ができなくなってしまいがち。

しかし、デートを断ったときに相手の男性がどのような反応をするのかを女性はしっかりチェックしています。

あなたがどのような対応をするかによって、今後相手の女性との距離が縮まるか遠のくかが決まると言っても過言ではありません。

デートを断られたときにするべき対応は3つあります。

  1. 素直に引き下がる
  2. 「暇な日はいつ?」と軽く聞いてみる
  3. 複数人での食事に誘う

1つずつ確認していきましょう。

対応1.素直に引き下がる

デートの誘いを断られたら、素直に引き下がりましょう。

一回押したら、基本的には引き下がるのが得策です。

「そっかー、わかった!」と何も気にしていない素振りを見せましょう。

その後の相手の反応によってもう一押ししてみるのはアリですが、その判断は自分には難しそうだというのであれば何かあえてアクションを起こそうとする必要はありません。

もしも相手があなたに全く興味が無かったとしても、あっさり引き下がられると「え?私に興味があったわけじゃなかったの?」と戸惑うはず。

逆にあなたのことを気にしてしまうのです。

上手く駆け引きして女性の心を手繰り寄せましょう。

対応2.「暇な日はいつ?」と軽く聞いてみる

デートに断られたら「暇な日はいつ?」と軽く1度だけ聞いてみましょう。

あなたが具体的な日時を提示してデートに誘って断られたのなら、他の日であればデートOKという可能性もあります。

断られたことについては軽く受け流し、軽い調子で「いつなら暇?」と聞いてみると良いでしょう。

相手があなたに少しでも興味がある場合には、具体的に空いている日はいつなのかを教えてくれるはずですよ。

しかし、「もうすぐ試験があって・・」といった微妙な返事をしてくる人も中にはいます。

判断が難しいですが、このような返事が来た場合には「試験はいつなの?」と更に畳みかけてみるのもアリですよ。

それでも曖昧な返事が来たのであれば、その女性はあなたとデートをしたくないと思っていると判断できます。

それ以上会話を長引かせることはせず、ひとまず素直に身を引きましょう。

対応3.複数人での食事に誘う

デートに断られたら、複数人での食事に誘ってみましょう。

警戒心の強い女性は、あなたと2人っきりでデートすることに抵抗を感じているのかもしれません。

「1回2人でデートをしただけで、彼氏気取りをされるようになったらどうしよう」「グイグイ押されてしまっらどうしよう」等と考えてデートに二の足を踏む女性は意外と多いです。

しかし、ガードの固い女性でも、3人以上でのグループだと食事に行くのもあっさりOKしてくれます。

無事に複数人での食事に誘うことができた場合、1度デートに誘ってきたあなたのことを意識して見てくるはずです。

あなたは必要以上に相手にくっつこうとせず、かと言って無視するようなことはせず、グループでの会話を盛り上げることに徹しましょう。

「良い人そうだな」と思ってもらえる振る舞いをすることで、次のデートはOKになるはずです。

次のページは、「再びデートに誘って成功させる方法」について説明します。

                          

大人の社交場』としての『出会い』。

洗練された空間と色鮮やかな食事は

ワンランク上の出会いを創造してくれます。

上品な空間で見つける出会いは

運命をも感じさせてくれるでしょう。

心地よい接客と絶え間ない笑顔。

そして、運命的な出会いを手に入れてください。

Pick!

New!