付き合って3ヶ月目は別れやすい?喧嘩せず仲良く過ごす方法を紹介

「そろそろ付き合って3ヶ月目になるけれど、前より冷めたような気がする。。」なんて、お悩みではないでしょうか?

付き合って3ヶ月目は恋愛においてよく別れやすいと言われる時期です。

お互いが気を使わない関係に成長したことによって、素も出てきやすいからだと考えられます。

しかし、3ヶ月目を過ぎても仲良く付き合っているカップルは多いです。

そこで今回は、付き合って3ヶ月目を過ぎても仲良くいられるための方法をご紹介します。

付き合って3ヶ月目で別れるカップルの特徴を知り、それを避ければずっと仲良しなカップルでいられるはずです!

1.付き合って3ヶ月目は別れやすいの?

付き合って3ヶ月経つと、お互いの素が見えるようになってきて喧嘩になりやすいです。

そこから別れにつながるということはよくあります。

しかし、それはあなたも彼も本当の自分を見せられるようになってきた証拠でもあるので、悪いことではありません。

そうは言っても、喧嘩したまま別れてしまうカップルが多いのも事実なので別れないように気をつける必要があります。

付き合って3ヶ月頃になると、大きな喧嘩もしやすいです。

そこから別れないようにするためには、お互いの努力が必要になります。

喧嘩をしたまま放置してしまうと、良好な関係を続けていくことは難しいです。

付き合って3ヶ月目で別れるカップルの特徴を知って、別れを回避しましょう。

2.付き合って3ヶ月目で別れるカップルの特徴

付き合って3ヶ月で別れるカップルには、以下のような特徴があります。

特徴1.連絡が後回しになる
特徴2.会話が盛り上がらない
特徴3.デートが同じ場所ばかりになる
特徴4.デートの回数が減る
特徴5.デートに遅刻が増える
特徴6.ドタキャンが多くなる
特徴7.相手の悪いところばかり見てしまう
特徴8.理想と現実のギャップを受け入れられない
特徴9.他の異性と比べることが増える
特徴10.趣味が合わないことが苦痛になる
特徴11.お金についての価値観が違う
特徴12.平穏をマンネリと思ってしまう
特徴13.身体だけの関係となっている
特徴14.お互いの意見を言い合えない
特徴15.記念日を気にしない

これらの特徴は、ある程度お互いが仲良くなったからこそ出てくるものです。

しかし、続けていると喧嘩にもなりやすいので、できるだけ控えておくべきでしょう。

それぞれについて、改善策もあわせて順番に確認していきます。

特徴1.連絡が後回しになる

恋人からの連絡を後回しにする癖がどちらかにある場合は、注意が必要です。

最初の頃はできるだけ早く返そうと考えていても、3ヶ月目くらいになると後回しにしやすくなります。

一般的に、1日1回の連絡すらできない日々が続くとどちらかに不満が募りやすいです。

何かあったときに連絡が1日中つかないというのは、相手に心配もかけやすいと言えます。

したがって、お互いの連絡の頻度をどれくらいにするのかをすり合わせていかなければなりません。

このとき、自分の希望を押し通そうとせず、相手の希望もしっかり聞いて話し合いましょう。

また、仕事や学校、習い事などの連絡を返せない時間帯もお互いに伝えあっておけばいざというときに安心です。

特徴2.会話が盛り上がらない

3ヶ月程度付き合うと、話すときの話題もネタ切れしてきます。

今まではお互いのことについて質問し合うだけでも盛り上がっていたかもしれませんが、3ヶ月も一緒にいればある程度のことはわかったはずです。

そうなると、日常会話中心になり、盛り上がりに欠けると感じてしまうかもしれません。

日々を漠然と暮らしていると、盛り上がる会話は減っていくのも当然です。

したがって、常に新しいニュースをチェックするなど、会話を盛り上げる工夫を2人で行っていきましょう。

特徴3.デートが同じ場所ばかりになる

3ヶ月も付き合えば、身近なデートスポットは行き尽くしたということも多いはずです。

特に、頻繁にデートをしていた場合にはやりたいことも特に無いという状況になりやすいと考えられます。

このとき、お互いが同じ場所ばかりでも楽しめているのであれば問題ありません。

しかし、そうでないのであれば、身近でも行ったことのない場所を開拓することや、少し遠出をすることが必要となります。

どこにデートに行くのかを話すのもカップルとしては良い話題になるので、積極的に話し合ってみましょう。

彼氏がどのようなデートプランでも良さそうな雰囲気を出してくる場合は、あなたがやりたいデートに付き合ってもらってください。

特徴4.デートの回数が減る

だいたい3ヶ月目を過ぎた頃から、デートの回数が減るカップルが多いです。

最初は恋人中心の生活だった人も、徐々に他のことも優先しなければならなくなる局面が出てくると思います。

デートの回数が減ること自体には問題はありません。

たくさん会えば会うほど仲が良いとは限らないのです。

遠距離恋愛で3ヶ月に1回しか会えないようなカップルもたくさんいます。

しかし、片方がそれに不満を抱いているのであれば、しっかりと話し合って解決するべきです。

デートの回数が減ったならその分、会えるときには長めに時間を取るなど考えてみてください。

特徴5.デートに遅刻が増える

付き合ってから3ヶ月を過ぎた頃から、遅刻癖がある人はデートにも遅刻するようになってきます。

あなたの遅刻が増えているのなら改善するべきですし、彼の遅刻が増えているのなら話し合うべきです。

仲良くなってお互いのことを信頼できている関係だとしても、約束を破っていることに変わりありません。

遅刻は相手の大切な時間を奪っているということです。

時間通りに到着している人が損をしている関係は長く続かないので、しっかりと遅刻をなくしていきましょう。

特徴6.ドタキャンが多くなる

付き合い始めてから3ヶ月を過ぎた頃にデートのドタキャンが増えているのなら要注意です。

あなたがドタキャンをしているのなら相手に冷めている可能性が高く、相手にドタキャンをされているならあなたが冷められている可能性が高いと言えます。

いくら慣れた関係だとは言っても、2人で決めたことを直前で取りやめるのはよくありません。

そのようなことが頻発しているのであれば、今後の関係も考え直す必要が出てきます。

まずは、なぜドタキャンをしてしまうのかを冷静に話し合い、解決できないかを考えてみてください。

特徴7.相手の悪いところばかり見てしまう

3ヶ月も付き合うと、相手の悪いところばかり目につくようになってきます。

付き合いたての頃は彼氏ができたという嬉しさから、良いところばかり見えていた人も多いはずです。

しかし、関係が少し落ち着いた3ヶ月目くらいからは、相手の嫌なところも見えてきます。

たとえば、リーダーシップがあって積極的で素敵だと感じていた彼氏のことを、自分勝手で横暴だと思う可能性もありえるのです。

そうは言っても、人間は誰しも完ぺきではありません。

どのような人にも嫌なところはあるので、あなたが受け入れるか相手に改善してもらいましょう。

特徴8.理想と現実のギャップを受け入れられない

付き合って3ヶ月経って相手への気持ちが少し落ち着いてきた頃、理想と現実にギャップを感じてしまう場合も多いです。

たとえば、付き合うならイケメンで高身長が良いという理想がある女性はたくさんいます。

しかし、実際に彼氏がそうであるとは限りません。

理想は理想であり、すべてを叶えることは難しいことを理解するべきです。

逆にあなたも相手の完ぺきな理想であるかと言われると、自信を持ってうなづける人は少ないのではないでしょうか。

現実をしっかりと受け入れていきましょう。

特徴9.他の異性と比べることが増える

付き合って3ヶ月も経てば、彼氏を他の異性と比べることが増えてくるはずです。

たとえば、友達の恋人と自分の彼氏を比べることや、漫画やドラマの男性と自分の彼氏を比べることが増えてきます。

しかし、あなたの彼氏を周りと比較する必要はないです。

多くの場合、傍から見ていると良く見えても実際には悪いところもあります。

友達もあなたの彼氏を羨んでいる面があるかもしれません。

不必要に周りと比べず、あなたの彼氏の良い面に注目していきましょう。

特徴10.趣味が合わないことが苦痛になる

だいたい3ヶ月も付き合えば、趣味が合わないことが苦痛になってきます。

最初のうちは、「趣味はお互いのものだから多少合わなくても問題ない」なんて考えていたかもしれません。

しかし、長く付き合えば付き合うほど、趣味の違いが2人の距離を広げてしまうことも多いです。

たとえば、休日の使い方でもインドア派な場合とアウトドア派な場合で好みのデートが違うと考えられます。

たまになら相手の趣味に合わせることも我慢できると思いますが、毎回となると大変です。

したがって、お互いに楽しめる趣味を一緒に見つけたほうが良いでしょう。

そのときには、2人共が心から楽しむことのできるように詳しく話し合いながら良い趣味を見つけてみてください。

特徴11.お金についての価値観が違う

3ヶ月ほど付き合うと、相手のお金についての価値観がわかってくるはずです。

最初のうちはデートでも毎回おごってくれていても、3ヶ月目くらいからは出し渋る男性も出てきます。

しかし、それは愛情が冷めたとは限りません。

もともと倹約家だったけれど、付き合いたての頃はカッコつけるために頑張っていた可能性もあります。

したがって、お金を出してくれないからと言ってすぐに怒るのではなく、今後どのようにお金を使っていくのかを2人で納得いくまで話し合うべきです。

特に年齢の近いカップルなら、あなたも同じくらい負担してあげたほうが彼氏もデートが楽になるでしょう。

また、年上の彼氏だからすべてをおごって欲しいという考え方を好まない男性も多いです。

付き合っているのであれば、お互いにとって負担にならないようなお金の使い方を考えてみてください。

特徴12.平穏をマンネリと思ってしまう

平穏な暮らしをマンネリ化したと感じてしまうことが多いのも、付き合って3ヶ月目が過ぎた頃です。

付き合いたての頃はちょっとしたことでも楽しい日々だったかもしれませんが、徐々にそれも落ち着いてきます。

平穏な暮らしは仲良しカップルの証拠だと考えて、前向きに一緒に過ごしたほうが良いです。

常にドキドキする関係から、一緒にいて癒やされる関係に変わっていくことは長続きする相性の良いカップルだと考えられます。

大きなときめきがなくなったからといって、マンネリ化だと決めつけないようにしましょう。

ときめきが減っても一緒にいる時間を作ろうと思える相手は、人生において非常に貴重です。

特徴13.身体だけの関係となっている

毎回のデートが身体目当てのようなものばかりだと、彼氏に不信感が募るはずです。

付き合って3ヶ月目くらいで身体を許す女性も多いですが、それ以降のデートが身体目当てだと感じるなら要注意だと言えます。

そのようなときは、我慢せずにハッキリと話し合うほうが良いでしょう。

彼氏も悪気があってそのようなデートを繰り返しているとは限りません。

2人が仲良く楽しめると思ってやっているだけかもしれないので、冷静に話し合ってください。

もしも話し合っても彼氏に改善する気持ちがないようであれば、身体目的の可能性が出てきます。

一度、身体目的の関係になってしまうとそこから一般的な恋人関係になることは難しいです。

したがって、疑問に思った段階で早めにあなたの気持ちを伝えるようにしましょう。

特徴14.お互いの意見を言い合えない

付き合って3ヶ月になってもお互いの意見を言い合えない関係はあまり良くありません。

3ヶ月も経てば、そろそろ2人共が気を許しあって、思っていることを伝えあえる関係になるべきです。

最初からすべてのことを話すのは難しいかもしれませんが、話しやすいことから徐々に話していってください。

あなたが思っていることを伝えることによって、彼氏も自分の気持ちを話してくれるようになる可能性は高いです。

ためこむだけためこんで、突然すべてを吐き出すというのは相手を困らせてしまいます。

長く付き合っていきたいなら、お互いの考えていることは遠慮なく言える関係を目指していきましょう。

特徴15.記念日を気にしない

付き合って3ヶ月を経つ頃に、人によっては記念日を気にしなくなってきます。

付き合って1ヶ月目は記念日デートをするカップルも多いですが、関係が続けば続くほどその意識は薄れやすいです。

記念日については人それぞれで考え方が違うので、毎月必ず付き合った記念をお祝いしなければならないというわけではありません。

しかし、どちらかがそうしたいのに、相手が気づいていないようであれば不満は募っていきます。

付き合った記念日をはじめ、誕生日やクリスマス、お正月などのイベント日の過ごし方を話し合ってみましょう。

そこではあなただけの希望を押し付けるのではなく、2人にとって無理のない計画を立てるべきです。

当日にこだわりすぎず、別の日にずらしてお祝いするのも1つの方法だと言えます。

以上が、付き合って3ヶ月目で別れるカップルの特徴でした。

当てはまるようであれば、早めに改善しておいたほうが良いです。

次のページでは、付き合って3ヶ月目以降も仲良くするコツを見ていきます。

                          

大人の社交場』としての『出会い』。

洗練された空間と色鮮やかな食事は

ワンランク上の出会いを創造してくれます。

上品な空間で見つける出会いは

運命をも感じさせてくれるでしょう。

心地よい接客と絶え間ない笑顔。

そして、運命的な出会いを手に入れてください。

Pick!

New!