彼女いる歴0年向け!彼女がいたことない人でも彼女を作れる方法

「彼女いない歴=年齢から脱却したい!」
「ずっと彼女がいたことがない自分でも、彼女を作る方法があれば知りたい!」

現在あなたは、このようなお悩みをお持ちではありませんか?

一度も彼女がいなかったことがコンプレックスとなっている。
女性と接する経験がほぼなく、なかなか自分から積極的に動き出すことができない。

本記事では、彼女がいたことがない人でも彼女を作れる方法をお伝えします。

ぜひ参考にして、人生初彼女を作りましょう!

彼女がいたことがない男性によくある共通点

「彼女を作りたい!」

そう思ったら、「彼女ができない男」から脱却する必要があります。

「彼女ができるかどうかなんてタイミング次第」
「時が来ればそのうち自分にも彼女はできる」

このように思っている人もいるかも知れません。

しかし、彼女がいたことがない男性には共通点があるのです。

どんな共通点かを把握し改善することで、「彼女ができない男」は脱却できます!

以下に、彼女がいたことがない男性によく見られる10個の共通点を挙げます。

  1. 自分に彼女ができないことを環境のせいにする
  2. 自分から行動しない
  3. 口癖が「どうせ自分なんか」
  4. ネガティブ思考
  5. 自慢話が多い
  6. 自分の趣味が最優先
  7. 女性を理解する努力をしない
  8. 彼女がいない同性とつるみがち
  9. 上から目線
  10. 不潔

これからひとつずつご説明します。

自分にも当てはまる項目があれば、早速改善していきましょう。

1.彼女ができないことを環境のせいにする

彼女がいたことがない男性によくある共通点の1つ目は、「彼女ができないことを環境のせいにする」ということです。

以下のような理由をつけて、環境のせいにしていませんか?

  • 「男子校だから女子と知り合う機会がなかっただけ」
  • 「女性の割合が少ない職場だから出会いがないだけ」
  • 「周囲には自分のことを理解してくれそうな女性がいないから仕方ない」

うまくいかない理由を「環境のせい」と決めつけていては、自分にもできることがあることに気づきません。

実際に恵まれた環境ではなかったとしても、街コンなど会いの場に出かけたり、友人から紹介してもらったりと、あなた自身にもできることがあります。

2.自分から行動しない

彼女がいたことがない男性によくある共通点の2つ目は、「自分から行動しない」ということです。

ここでの行動とは、「告白すること」「食事・デートに誘うこと」を指します。

  • 「相手から告白されたら、付き合おうかな」
  • 「相手から食事に誘われたら、出かけてみようかな」

このように、相手が先に行動してくれることを期待するだけでは、なかなか男女関係は進展しません。

お互いに「脈アリかな?」と感じているような関係なら、「待つ」というのも駆け引きの1つかも知れません。

しかし、まだそれほど親しくない相手に対して、この駆け引きは有効ではありません。

自分から行動しなければ、いつまで経っても「ただの顔見知り」どまりかも知れません。

「もっと仲良くなりたい」「2人だけで出かけたい」そう感じられる女性がいたら、まずは自分から話しかけましょう。

3.口癖が「どうせ自分なんか」

彼女がいたことがない男性によくある共通点の3つ目は、「どうせ自分なんか」という口癖です。

自分に自信がない男性は、女性から見ても魅力的ではないからです。

「アイツはモテていいよな。それに比べて俺なんか、イケメンでもないし、性格も明るくないし……」

このように、他人と比較して、自分がいかに劣っているかを延々と説明するのです。

聞かされている女性は内心で「私がフォローしたほうが良いのかな?」と悩んでいるかも知れません。

「どうせ自分なんか」という言葉を口癖にするということは、目の前の相手に「俺って男はこんなに欠点があるんですよ」とプレゼンテーションしているようなもの。

これでは周囲の女性から「この男性と付き合ってみたい」 と思ってもらうことはできません。

他人と比較して「どうせ自分なんか……」と落ち込んで終わりにするのではなく、「アイツのどんな振る舞いがかっこよく見えるんだろう?」「自分にも実践できる部分はないか?」と考えるきっかけにしていきましょう。

4.ネガティブ思考

自分に対してだけではなく、物事全般に対してネガティブ思考な男性も、なかなか彼女を作ることができません。

ネガティブな発言が多いと、女性から「この人と一緒にいても楽しくない」と感じられてしまうためです。

  • 「今日良いことがあったから、明日は絶対不幸なことが起こる」
  • 「昨日の夜 LINE の返信が遅かったけど、なんで?俺のことうざくなった?」
  • 「ショップに行ったとき店員さんから『よくお似合いですよ』って言われたんだけど、あんなの絶対売りつけるためのセールストークだよね」

このように、素直に「ラッキー!」 ととらえればいい出来事でも、ネガティブ思考によって「悪いことが起こる前兆」「何か裏がある言動」 にすり替えられてしまうのです。

最初は「気にしすぎ」「大丈夫だよ」など気を遣って励ましてくれる女性がいても、だんだんと面倒になり離れてしまいます。

物事や他人の言動の意味について考え過ぎず、良いことがあったら素直に「ラッキー!」と受け止めましょう。

5.自慢話が多い

自信がない男性は女性からモテませんが、自慢話が多すぎる男性もまたモテにくいです。

自慢話ばかりしてしまうと、女性は「この人は私の話には興味ないんだ」と感じてしまうためです。

例えば、次のような話を長々としていませんか?

  • 小学生の頃はすごいモテた
  • 甲子園に出場した経験がある
  • 新入社員だった頃、同期の中で営業成績トップになった

このような内容は女性が興味を持ちにくいので、特に注意が必要です!もし、会話の鉄板ネタになっているようならすぐに捨て去りましょう。

そしてネタを捨てた分、女性の話に耳を傾けてください。

女性と会話する時は、まずは相手に気持ちよくしゃべってもらうことを意識しましょう。

聞き役として女性と接すれば、あなたへの評価を簡単に高めることができますよ!

6.自分の趣味が最優先

彼女がいたことがない男性によくある共通点の6つ目は「自分の趣味が最優先」だということです。

趣味を優先したいがために、こんなことをしてしまったという経験はありませんか?

  • 一人の時間は趣味に没頭したいので、LINEの返信は数日後
  • 趣味にかけるお金を減らしたくないので、女性と出かけても食事はいつも割り勘
  • 週末デートの予定だったが、趣味関連のイベント開催の情報を知りドタキャン

これでは女性から「それだけ一人の時間が充実してるんなら、彼女なんて必要ないよね?」と思われてしまっても仕方ありません。

趣味は大切にしたいものですが、時間・お金・情熱の配分があまりにも趣味に偏りすぎていると、なかなか彼女を作ることはできません。

7.女性を理解する努力をしない

彼女がいたことがない男性によくある共通点の7つ目は「女性を理解する努力をしない」ということです。

相手を理解しようという姿勢がなければ、単なる知り合い以上の関係にはなりづらいためです。

男女関係に限ったことではなく、人間関係では、

  • 「この人なんでこんなものにハマってるんだろう?」
  • 「この人なんでこんなこと言うんだろう?」

のように、「なんで?」と疑問に感じる場面に遭遇します。

ここで、

「所詮他人同士だし、理解できないな」

と諦めてしまうか、

「話を聞いてみたら、分かることもあるかもしれない」

と歩み寄ることができるかで、相手からの印象も異なります。

相手の言動が理解できない時は「なぜ?」と、理由を訊ねてみましょう。

理由が分かれば共感できることもありますし、相手からは「この人は私を理解しようとしてくれている」と感じてもらえます。

8.彼女がいない同性とつるみがち

彼女がいない同性とよくつるんでいる男性は、その先もなかなか彼女ができないことが多いです。

理由は大きく分けて、3つあります。

  1. 友達同士で楽しく遊んでいれば寂しくないから
  2. 彼女を持つことのデメリットにばかり目が向くから
  3. いつまでも女性への接し方が分からないままだから

彼女がいない(できない)男性同士で集まり、最初のうちは「彼女欲しい!」 という話題で盛り上がっていたとします。

しかし、なかなか彼女ができないと「やっぱり彼女なんていらないよ」「男同士の方が気楽で良い」と、彼女がいない自分たちを正当化する方向で話が盛り上がるようになります。

「いや君たち、それは違うよ。彼女って存在がいてくれるだけで癒やされるし、デートしたらめっちゃ楽しいよ〜!」

“余計な”口を挟んでくる彼女持ちもいないため、ますます「彼女不要論」が盛り上がっていきます。

ですので、彼女がいない同性でつるむもことが多い男性は、なかなか彼女ができません。

彼女をつくろうと思うのであれば、彼女がいる男性とも交流し、「彼女がいる自分」「彼女がいる生活」をイメージしましょう。

彼女がいる人の話を聞いているだけでも、女性の考え方や興味のあることについて、少しずつ理解できるようになります。

9.上から目線

彼女がいたことがない男性によくある共通点9つ目は、女性と話す時に「上から目線」になってしまうというものです。

  • 「なあ、俺ってすごい物知りだろ」
  • 「お前は知らないようだから教えてやるが」

こんな態度で会話されても、 女性は居心地の悪さを感じるだけだからです。

友人同士であっても、「〜してやろうか」という態度をとってくる人物とは、あまり一緒にいたくありませんよね。

相手から「こいつ上から目線だな」と受け止められるかどうかは、言っている内容よりも言い方次第であることが多いです。

正論であっても、伝えるタイミングや伝え方次第では、相手を傷つけてしまうことがあります。

会話中に発言する際は、「この伝え方で、相手が嫌な思いをしないかな?」と、相手の立場になって考えるようにしましょう。

10.不潔

彼女がいたことがない男性によくある共通点の最後は、見た目に関することです。

外見や中身の相性が良くても、不潔であるがために「彼氏候補」から外されてしまうことがあります。

肌荒れしている、体臭がキツイ、髪の毛がベタついている、鼻毛が出ている、歯が黄ばんでる、爪の間にゴミが挟まっている……。

これらに対して、女性は「生理的に受け付けられない」と感じてしまいます。

それほど女性にとって、「付き合う男性が清潔かどうか?」は重要なことです。

ですので、

  • 毎朝の洗顔後にメンズ用のスキンケア商品で肌を整える
  • 汗をかく前にデオドラント剤を使用する
  • 歯科クリニックで定期的にホワイトニングする
  • 10日に1回は爪を切る習慣をつける

など、日頃から自分の体をメンテナンスするように心がけましょう。

彼女がいたことない人でも彼女を作れる3つのステップ

ここからは、具体的な彼女の作り方を見ていきましょう。

「彼女欲しい!」

あなたのその願いを達成するために、基本的かつ効果的な3ステップは次のとおりです。

  1. 見た目に気を配る
  2. 悪い結果を予想して尻込みしない
  3. 3回振られてみる

ひとつずつ見ていきましょう。

STEP1.見た目に気を配る

何はともあれ、まずは見た目を整えましょう。

先ほど、不潔であることはNGだとお伝えしました。

清潔感を出すためには、洗顔後のスキンケアを習慣にしたり、ホワイトニングに通うなど、日頃のメンテナンスが大切です。

服装選びにおいても、「清潔感」は必須です。

これに加えて「シンプル」「カジュアル」を意識するだけで、女性から好感を持たれるスタイルを簡単につくることができます!

色選びに迷ったら、黒・白・グレーといった「モノトーン色」でまとめましょう。

例えば、こちらのコーディネートです。

画像引用:https://wear.jp/daiske0915/13436421/

多くの色やデザインの凝ったアイテムを使っているわけではありませんが、「清潔感」「シンプル」「カジュアル」3つのポイントが押さえられています。

「ちょっと地味過ぎない?」「個性が無さすぎるのでは?」と感じる人もいるかも知れません。

しかし、今まで彼女がいたことがない男性が、服装で個性を出して行こうというのは、ハイリスクです。

「いかに攻めるか」よりも、「いかに外さないか」のほうが重要です。

服装以外の身だしなみでは、次のことに注意します。

  • 髪型(フケ・ベタつき・ニオイがないか?)
  • 肌荒れ(ニキビ・カサカサしていないか?)
  • ニオイ(体臭・口臭がないか?)
  • 爪(ゴミが詰まっていないか?切りそろえてあるか?)

特に、最後に挙げた「爪」については、さほど気にかけたことがない男性も多いのではないでしょうか?

しかし、女性は男性の「爪」をよくチェックしています。

「男性で爪が伸びている」ということが、ここまで女性のイメージを想起します……。

手入れし過ぎも要注意。

とりあえず、爪の白い部分が伸びすぎていたら切っておきましょう。

STEP2.悪い結果を予想して尻込みしない

彼女を作りたいと思うのであれば、自分から行動しましょう。

もしも現在好きな人がいれば、自分の気持ちをはっきり伝えましょう。

好きな相手に告白する時は、誰しも緊張します。

今まで自分からアプローチした経験がほぼないというのであれば、なおさらですよね。

「振られたらどうしよう(ドキドキ)……」

程度でおさまるならまだ良いのですが、

  • 「カッコ悪いところを見られたらどうしよう」
  • 「気持ち悪いと思われたらどうしよう」
  • 「告白したことで周囲に変な噂が立ったらどうしよう」

このように、悪い結果を予想しまくって結局尻込みしてしまったのでは、思いを伝えることはできません。

どういう結果になるかは、告白してみないと分かりません。

可能性としては確かに振られる可能性もありますが、OK をもらえる可能性もあるのです!

しかし、悪い予想に引きずられて行動しないままなら、彼女は作れません。

STEP3.3回振られてみる

「俺は切実に彼女が欲しいと思っているのに何言ってんの?」

そう思われるかもしれませんが、ずっと彼女がいたことがない人は、とりあえず3回振られてみましょう!

STEP2でもお伝えしましたが、悪い結果を予想して尻込みするくらいなら、「当たって砕けろ」精神でいったほうが成功確率はあがるということです。

成功確率だけではありません。

告白が上手くいけばそれに越したことはないのですが、振られてみることで得られるものもたくさんあります。

たとえば……

  • 行動(告白)したことで、自分に自身がつく
  • 緊張は乗り越えられるものだと実感できる
  • 思いを伝えることができてスッキリする
  • 良い返事だろうが悪い返事だろうがとにかく相手の返事(気持ち)を知ることができる
  • 振られる経験を積むことによって、告白に対する心理的ハードルが下がる

3回振られれば度胸がつき、この先新たに気になる女性ができた時に、自分から動き出すことができます。

まとめ

いかがでしょうか?

ずっと彼女がいたことがない人でも彼女を作れる具体的な3ステップをお伝えしました。

今まで彼女がいたことがいないため、なかなか自分に自信が持てなかったり、気になる女性がいても積極的になれないことがあったりしたと思います。

「当たって砕けろ!」という気持ちで一歩踏み出すことで、彼女がいる自分に一歩近づくことができます。

                          

大人の社交場』としての『出会い』。

洗練された空間と色鮮やかな食事は

ワンランク上の出会いを創造してくれます。

上品な空間で見つける出会いは

運命をも感じさせてくれるでしょう。

心地よい接客と絶え間ない笑顔。

そして、運命的な出会いを手に入れてください。

Pick!

New!