【結婚相手の条件】本当に彼と結婚して幸せになれる?NG条件をチェック!

彼との結婚を考え始めると、「本当に幸せな結婚生活を送れるのかしら?」と思う女性は多いです。

他の人はどういった条件を結婚相手に求めているのか気になりますよね?

そこで、今回は結婚相手の妥協OK・NGの条件に関して詳しく説明していきます!

彼と結婚して幸せになれるかどうか分かりますよ

1.結婚相手に求める条件

結婚を意識するようになった女性は、結婚相手に対してどのような条件を求めるのでしょうか?

一般的な女性は、結婚相手に5つの条件を求めています。

マッチする条件が多いほど、幸せな結婚を送れると考える傾向が強いようです。

以下がその5つの条件になります。

  1. 収入がある
  2. 価値観が似ている
  3. 思いやりがある
  4. 金銭感覚が近い
  5. 外見が良い

「他の人はどんな条件を出しているのかな」と気になったらチェックしてみましょう。

条件1.収入がある

 

結婚を考えている女性は相手に安定した収入を求めます。

安定した収入があれば、安心して家庭生活を送れるからです

「相手の収入=家庭の安定」を測るので、女性が男性に求めるのは自然な流れ。

結婚相手に求める条件として、収入は常に優先度が高いと言えます。

一般的に「年収500万~600万の男性」を条件にする人が多いようです。

もし、あなたの彼が年収がこの額より低い場合は、自分と合わせてで条件がクリアするか確認してください。

条件2.価値観が似ている

結婚相手と価値観が似ていると結婚生活は順調に進みます。

結婚生活ではお互いを理解し、尊敬しあう関係が理想的です。

異なる環境で育ってきた男女が、共通点を見出せるのが価値観が近いかどうかになります。

急に変わることが出来ないからこそ、価値観が似ているかどうかは重要なポイントになるのです。

結婚を考えている多くの女性が価値観の一致を条件に掲げるのは当然のことと言えます。

長い人生を一緒に歩んでいくには、価値観が合う人同士が望ましいのです。

条件3.思いやりがある

 

女性は結婚相手に思いやりがある人を求めます。

相手への気遣いや優しさは、一緒に生活をする上で欠かせない条件。

自己中心的だと、いつも振り回されて疲れてしまいますよね。

相手への優しさを持つことで、良好な関係を維持できます。

長い結婚生活では、ケンカすることもあるでしょう。

その時、お互いを思いやる気持ちがあれば乗り越えられます。

常に相手を心配したり、「お疲れ様」という声がけを意識しましょう。

条件4.金銭感覚が近い

2人の金銭感覚が違い過ぎると、口論が絶えない家庭になります。

金銭感覚は、恋愛関係ではあまり大きな問題になりません。

しかし、結婚では金銭感覚の不一致は大問題に発展するのです。

結婚生活は2人の収入でやりくりをしていきます。

お金の使い方が異なると、お互を理解できずに苦しむことになるのです。

恋愛時代は重要視してこなかった条件ですが、結婚となると別問題。

どんなに好きな彼であっても、可能な限り金銭感覚が近い人を選ぶことは大切です。

相手が食費、交友費、服装など、どこにお金をかけているのかよく観察してみましょう。

条件5.外見が良い

外見がよい結婚相手だと友人知人に自慢できるので、ルックスの良さを条件に上げている方もいます。

顔が好みで交際スタートすることも多いので、外見を気にするのは自然な流れです

長い時間を共に過ごすのですから、外見を条件にするのも理解できます。

ただし、あまりにも外見に執着するのはやめましょう。

相手との価値観の一致といった内面の条件を優先しておく方がいいです。

容姿は年とともに変化していくので、今の容姿をずっとキープすることは不可能です。

また、結婚相手がハンサムだと、結婚後も女性からアプローチされる心配もあります。

外見至上主義ほどほどにしましょう

2.妥協してもOKな条件

長い結婚生活を送るにあたり、「妥協しても大丈夫!」という条件もあります。

  1. ルックスの良さ
  2. 結婚相手の年齢
  3. 結婚生活を送る場所
  4. 彼の学歴
  5. 職業

以上の5つは妥協OKの条件と言えます。

それではさっそく、それぞれ条件が妥協OKな理由を確認しましょう

OK1.ルックスの良さ

他の条件よりもルックスを最優先にする必要はありません。

結婚は夫婦で生活をしていくことです。

年を重ねて容姿も変化していきます

出会った頃のルックスを維持できるとは限らないのです。

ただし、結婚相手と長い人生を共に過ごすので、生理的に受けつれられる容姿を最低ラインにしておくのが良いでしょう。

OK2.結婚相手の年齢

最初から、「結婚するなら自分と同年代か5歳年上まで」と年齢を限定すると、結婚の決断が出来なくなってしまいます

「まだ条件に合う男性との出会いを待ったほうが良いのかしら」と彼と結婚に二の足を踏むことに。

年齢で区切ることはおすすめできません。

表面ではなく、内面から相手を見ていくことが大切です。

2人の心が通い合っていれば、年の差を気にする必要はありません。

OK3.結婚生活を送る場所

結婚生活を送る場所は妥協しても大丈夫です。

急な転勤や結婚相手の転職などで住環境は変化します

人気のある街に住みたい気持ちが出てくるのは自然なことですが、結婚当初は通勤しやすさで考えるといいですね。

通勤時間などを考慮する必要もあるので、自分本位にならず譲り合いが大切になってきます。

変化が付きものなので、住む場所に関しては妥協OKです。

OK4.彼の学歴

彼の学歴を気にし過ぎることはやめましょう。

社会人になっても、大学の社会人枠で大学卒業や院卒の資格を取得できます。

結婚相手がやる気があり、勤勉であれば学歴は気にしなくてもOK

昔のように、学歴=年収に直結する、ではなくなっています。

彼の本質を見極めることが大切です

OK5.職業

 

結婚相手に「こういった職に就いて欲しい」と好みの職種に転職させることはやめましょう。

彼なりに輝ける仕事場があります。

一緒に家庭を築いていくには、結婚相手の職種ではなく人となりを気にする方が重要です。

職業は彼の全てではありません。

どのような仕事をしているかは大切ですが、職業より勤務態度などを気にしましょう。

次のページでは結婚相手の条件で妥協NGな条件についてお伝えします。

                          

大人の社交場』としての『出会い』。

洗練された空間と色鮮やかな食事は

ワンランク上の出会いを創造してくれます。

上品な空間で見つける出会いは

運命をも感じさせてくれるでしょう。

心地よい接客と絶え間ない笑顔。

そして、運命的な出会いを手に入れてください。

Pick!

New!