3回目のデートは関係を進展させる!男性の心理や準備すべきことまで

「3回目のデートに誘うってことは、もしかして告白される!?」と期待していませんか?

確かにデートを2度楽しんで、お互いの相性が分かってきたところなので、告白される可能性はあるといえます。

しかし、3回目のデートだからと言って、何もしなくても告白されると思うのは大間違い!

告白されるには、男性の心をつかんで、しっかりとデートに向けて準備をする必要があります。

今回は、3回目のデートへ臨む男性の心理や、デートまでにどんな準備をすれば良いか丁寧に解説。

本記事を読めば、デートで告白される確率がぐっとアップしますよ!

ぜひ参考にして下さい。

1.3回目のデートは関係を進展させる大チャンス

3回目のデートは2人の関係を進展させる大きなチャンスといえます。

なぜなら、3回目のデートに誘うということは、相手もあなたに好意を持っている証拠だからです。

1回目・2回目のデートはお互いのことを知るためのデートです。

そのため、多くの人は2回目のデートまでで相性を見極めることができています。

その上で3回目のデートが決まっているため、関係を進展させるのにちょうど良いタイミングなのです。

3回目のデートに誘われると、このように期待している女性も多いのではないでしょうか。

今後、お付き合いが出来るかどうかは3回目のデートをどう過ごすかで変わってきます。

まずは、3回目のデートに誘う男性の心理から確認していきましょう。

2.3回目のデートに誘う男性の心理

「3回目のデートに誘われたから、絶対告白される!!」と浮かれるのは少し早いです。

告白しようと意気込んでいる男性もいますが、まだ告白の決意が固まっていない男性もいます。

そんな男性の心理を1つずつ確認しておきましょう。

心理1.告白かキスをしたいと思っている

3回目のデートでは告白かキスをしたいと考えている男性は多いです。

2回目のデートまでで、相手のことを知って、相性がいいのかを判断しています。

そのため、「付き合いたいと思っていないのに3回目は誘わない!」と言い切る男性は多いです。

心理2.素を出したいと思っている

3回目のデートでは、素の自分を出したいと思っている男性もいます。

1~2回目のデートでは緊張してしまって、あまり自分を出せなかったという人もいますよね。

そんな人は、自分の素を出しても好意を寄せてくれるのかを確認しているのです。

心理3.相手の気持ちを知りたいと思っている

3回目のデートで、相手の気持ちをハッキリ知りたいと思っている男性もいます。

確かに、「楽しい!」とか「一緒にいたい!」と言われると告白する勇気が湧きますよね。

「好き」と告白してくれるのを待っているという受け身な男性もいます。

心理4.セフレか彼女か決めようと思っている

3回目のデートで、セフレにするか彼女にするかを決める男性もいます。

セフレとして付き合っていけるならセフレにしよう、と考えているのです。

そういう男性はとりあえずセックスをしてみたいと思っているので、要注意。

3.彼の脈アリ言動を見抜こう

すでに3回目のデートに誘われているのであれば、2人の距離はかなり近づいているはず。

でも、確実というにはまだ早い段階です。

そこで、今回は彼の脈アリ言動を確認し、デート中に脈アリかどうかを見抜きましょう。

脈アリ1.2回目のデートの後すぐに誘われた

2回目のデートの後、すぐ誘われたのであれば脈アリだと判断しましょう。

好きな相手とは「もっと会いたい」「早く会いたい」と思うはずです。

そのため、LINEや電話の中できっかけさえあればデートに誘います。

また、2回目のデートが楽しかったら気軽に「今度はドライブに行こうよ!」と誘いやすいですよね。

目安としては、1~2週間に1度のペースで会っているかです。

1ヶ月に一度会う関係なら友達とも言えますが、1~2週間のペースで会う男女は「ただの友達」とは言い難いですよね。

2回目のデートの後、すぐに誘われたのであれば脈アリと思って大丈夫です!

脈アリ2.明らかに楽しそう

デートを明らかに楽しんでいる人は脈アリと判断しましょう。

特に、「楽しい!」「一緒にいると幸せだ」なんて言ってくれる人はほぼ確実にあなたのことが好きです。

1回目や2回目のデートでは社交辞令で「楽しいね」と言ってくれる場合もあります。

しかし、3回目もあなたと一緒にいて「楽しい」と思ってくれているのは、あなたを友達以上に見ているからなのです。

逆に脈ナシのときには、どんどん落ち着きが出てきます。

一緒にいると楽ではあるものの、友達っぽい雰囲気になります。

そのため、明らかに楽しいことをアピールしてくる男性は脈アリと思って大丈夫です。

脈アリ3.体の距離が近い

3回目のデートで体の距離が近いと感じたら、脈アリと判断しましょう。

肩がぶつかったり手が触れたりするのは、あなたに好意があるからです。

1回目や2回目のデートでは、まだお互いに緊張感がありますよね。

そんな2人の間には微妙な距離感があるはず。

でも、緊張感もなくなり、相手のことを受け入れたいと互いに思っていると自然と体は近づくのです。

このように1回目や2回目と比べると距離が近いなと感じれるのであれば、より脈アリ度は高くなりますよ。

脈アリ4.「彼氏いるの?」と聞かれる

デートまでに「彼氏いるの?」と質問をされているなら、脈アリだと判断しましょう。

気になっているあなたに対して連絡先を聞いたり、デートに誘ったりしても良いのか戸惑っているときに聞いてくることが多いです。

つまり、この質問は、「君のこと、狙ってもいいかな?」という意味と同じと捉えましょう。

また、せっかく時間やお金をかけて蓋を開けたら彼氏持ちだった、なんてことにならないように事前に確認をしているのです。

このように、「彼氏いるの?」と聞かれたときには脈アリだと判断して大丈夫です。

脈アリ5.普段から連絡が途絶えない

デートをするまでの間も連絡が毎日続くという人は、脈アリと判断しましょう。

男性は、だらだらとLINEやメールを続けたがらない人が多いです。

あなたとは毎日連絡を取り続けているということは、あなたのことが気になっている証拠。

特に「今何してる?」と聞いてきたり、絵文字が多いメッセージは、あなたに好意を寄せています。

また、LINEの返信の速さはあまり気にすることはありません。

仕事で忙しい男性も多いです。

朝・夜だけでも返信が来てそれが毎日続くようであれば脈アリと判断しましょう。

4.「やっぱりないな」と思ってしまう判断基準

せっかくいい感じだったのに、「やっぱりこの子と付き合うのはないな」と思われることもあります。

どんな時にそう思うのか、男性の判断基準を確認しましょう。

基準1.性に積極的すぎる

性に積極的な女性にビビッて告白をやめてしまう男性は多いです。

付き合ってもないのに、キスを求めてきたり、露出の多い服装でボディタッチをされると、「彼女にしたくない」と思ってしまうのだとか。

「相手の方が経験豊富なのかな?」なんていう思いも沸いてしまい、プライドが傷つけられる人もいます。

真剣な付き合いを考えているのであれば、体で勝負しようとするのはやめておきましょう。

基準2.素を出すことが出来ない

素を出すことが出来ない相手は、彼女にしたいと思いません。

多くの時間を一緒に過ごす彼女には、リラックスして本当の自分を知っててほしいですよね。

男性が「一緒にいても緊張する」「常に気を使わないといけない」と感じているなら、付き合うのはまだ時期尚早。

じっくり時間をかけて、素の自分を出してもらう努力をしましょう。

基準3.話が合わない

話が合わない女性も、「彼女ではないな」と思われます。

自分が好きなことを話していても興味なさそうにしていたり、適当な相槌をされると、楽しくないと感じます。

もちろん全部の話を合わせなくても良いですが、興味を持って彼の話を聞きましょう。

分からないことは「知らないから教えてほしい!」と言うと、自分に興味を持ってくれてるんだと感じさせることができます。

基準4.経済的に自立できていない

経済的に自立していない女性は彼女にしたくないと判断されてしまいます。

経済的自立が出来ていない人は、何でも男性に頼り切りになる傾向があります。

そのため「だらしない人なんだな」「ずっとお金を出さされるんだろうな」と思われてしまい、彼女候補から外されてしまうのです。

デート中のお金は自分も出すようにし、奢ってもらうのが当然だと思わないようにしましょう。

                          

大人の社交場』としての『出会い』。

洗練された空間と色鮮やかな食事は

ワンランク上の出会いを創造してくれます。

上品な空間で見つける出会いは

運命をも感じさせてくれるでしょう。

心地よい接客と絶え間ない笑顔。

そして、運命的な出会いを手に入れてください。

Pick!

New!