【隠遁人妻が伝授♡】タイプじゃないと言われても惚れさせるテク

初めまして!私は隠遁人妻26歳(@atasihaOTMA)と言います。

今年で結婚2年目を迎えるしがない人妻です(笑)

Twitter上で、恋愛や美容系のつぶやきをしていた事がきっかけで記事の執筆のお仕事をする事となりました!(ありがてェエ!!)

 

簡単に経歴をお話しさせていただきます。

私は18歳~23歳までキャバ嬢をしていました。

ちなみに18歳までは、ビン底メガネをかけてずっと勉強をしてきた生粋のガリ勉処女です(笑)

顔面偏差値は30、勉強偏差値は70(笑)みたいな人生を歩んできたので、当然19歳まで男性と交際した事もなければキスやそれ以上の行為の経験も全くありませんでした。

 

そんな私ですが、キャバ嬢時代は、そこそこ売れっ子になり、人並みに恋人ができ、今では恋愛教祖と崇め奉られるまでになったのです(笑)

(※毎日めちゃくちゃ恋愛相談がDMにきます)

今回は、その経験をフル活用し

男性から「タイプじゃない!」と言われても惚れさせるテクニック

をみなさんにお教えしたいと思います・・・!!

レッツスタート!

①嫌がられない程度の小まめな連絡

よく、恋愛では自分から連絡しない方が良いと言われていますが、実際はケースバイケースです。

一概に『自分から連絡してはいけない』というわけではありません。

実際、キャバ嬢は自分から最初の連絡をしないと、お客さんの方から連絡をくれるなんて早々ありませんから。(笑)

名刺だって、帰ったらゴミになります。

その場でライン交換までして自分からメッセージを送り、ちゃんと相手の元に届いている事を確認するまでがゴールなのです。

そこからが営業(アプローチ)の始まりです。

信頼度や親密度を高めるために、まずは小まめに電話をいれます。

最初のうちは、なるべく毎日LINEを入れ、電話も2日に1回くらいは送るようにします。

すると次第に相手の中に、あなたに対する信頼感が生まれます。

この子は毎日連絡をくれる子で他愛ないおしゃべりも楽しい子だと言う印象を残すのです。

それを繰り返すうちに、単純接触効果により愛着・信頼感が増していきます。

そうなった段階で連絡を少し控えたりします。

すると、相手は「あれ??いつも来る連絡がないな。どうしたのだろう…?」と気になり始めて、今度は自分の方から連絡してくれるようになります。

 

私も、この段階になるまでかなり試行錯誤してきました。

人によってはこのテクニックがあまり響かない場合もあるし、逆に刺さり過ぎてストーカーになってしまうパターンもあります (笑)

セオリーは押さえつつ、場数を踏んでいく中で、微妙なさじ加減をマスターしてく事をおすすめいたします。

 

次は、デートについて。

キャバ嬢の場合は、同伴出勤と言うものがあります。

これは、お客様と一緒にご飯を食べてから一緒にお店に出勤して接客すると言うものです。

同伴というワードを初めから使ってしまうと、もろに営業色が出るため、同伴慣れしていないお客様には『○○空いていますか??よかったら一緒にご飯に行きませんか?(*^_^*)』という誘い方をします。

 

これを通常の恋愛でも使っていきましょう。

女性からデートに誘うのに抵抗があるという方もいるかと思いますが、「タイプじゃない!」と言われている彼を落とすには、自分から積極的に攻めないと一歩も進みませんからね(笑)

月に最低1回、出来たら2回程度はご飯に誘いましょう。

この段階でグッと相手の気持ちを引き寄せる必要があります。

例えるならば、海釣りです。

釣り糸を垂らして魚がエサと知らずにつついて来て、それをエサだと信じ込み、グッと食いついた段階で一気にリールを引くのです。

恋愛もこれと一緒。

最初の誘いは、友達感覚でフランクに。

デートの最中を思いっきり楽しませて相手が自分に食いついて来た段階で、デートに誘う頻度を少なくして追わせて下さい。

これがポイントです。

 

また、彼のライフスタイルに合わせた連絡を心がけましょう。

意外にこれがしっかり出来ていない女性が非常に多いです。

忙しい時に連絡しても返信率は下がります。あらかじめ彼のライフスタイルを頭にいれて連絡してください。

最低でも頭に入れて欲しい事柄

最低でも頭に入れて欲しい事柄

  • 出勤時間
  • 帰宅時間
  • 休みの日
  • 休みの日の過ごし方
  • 休日に出かける場所
  • 夜寝る時間
  • お昼の時間

私の場合は、彼の仕事が終わり夜寝る手前くらいの時間に小まめにLINEを送るようにしています。

あとは、お昼のタイミングですね。12時~13時前後に送ります。

休日は、昼から夕方にかけてLINEを入れ、夜21時過ぎくらいに一度電話をしたりします。

これはあくまで参考例ですので、自分が落としたい男性に合わせて調整をお願いします。

 

返信率とテンションを見極める事が大事です。

いくら返信が早くても返信内容が素っ気ない場合は、忙しい時に無理して送っている場合もあります。

逆に返信が遅くても、内容が丁寧な場合は、忙しいタイミングは既読を付けず、後で丁寧に返すタイプの几帳面な彼なのかもしれません。

 

このように色々な仮説が立てられます。

一つずつ仮説を立て、検証を繰り返す中で連絡頻度、タイミング、文面の最適化をお願いします。

②彼の気持ちの理解と代弁

恋愛が上手くいかないタイプの女性に共通するのは、相手の本音の理解が出来ないという部分です。

簡単に言うと機微(きび)が読めないのです。

機微を読むと言うのは、相手の気持ちを相手以上に理解して、先回りした気遣いと配慮を行うという事です。

これが恋愛においては非常に重要。

どんなに美人だろうが、これが出来ないと短期間で捨てられたりします。そして、機微が読める男性からは相手にされずに鈍感力高めな男性のみしか付き合えない状態になります。

こうならない為に機微を読む訓練をしましょう。

絵文字から彼の気持ちを把握する

今の時代ほとんどの人がLINEを使っていると思います。LINE上でこんなやり取りをしているとしましょう。

これが正に、機微が読めない女性の最たる例です(笑)

一個一個解説していきましょう。まず初めの「仕事おわったー?(*^_^*)」に対する彼からの返信。「終わったよー」という部分。

見るからに、あなたに興味がありません(笑)

 

「まぁ、終わったけど何?何か用?」という雰囲気が醸し出されています。

そんな状態にも関わらず、ガンガン攻める。

「お疲れー♡今電話しても大丈夫??」

正直、迷惑極まりないと思います。

なぜ彼の返信が素っ気ないのか?

もしかしたら仕事が終わった直後で疲れているのかもしれない。

だったら電話は、もっと後の方がいいかもしれない。

そこまで気が遣えないとダメです。

 

次の返信で「今、電車だから後でもいい?」と来ています。

きっと帰宅途中なのだと予想がつきます。

ここで「うん!大丈夫!」と答えていますが、一回お詫びを挟んで、「ごめんね><全然大丈夫!」と下手に出た方が好印象だったりします。

 

そして最後極めつけの、メッセージ連投攻撃と電話の追い打ち(笑)

もーこれは完全にアウトです。

 

「おーい♡電話していー?(*ノωノ)」に対して返事が未読なのにも関わらず、電話をしていますww

怖いです(笑)ちゃんと相手と会話のキャッチボールをしてください。

 

まだバットすら握ってない段階でストレートを2回にわたってあなたの顔面めがけて投げてくるピッチャーどう思いますか??

怖いですよね?(笑)

このようなLINEを送っているようでは、彼の心はつかめません。

私なら、「うん!大丈夫!」の後、彼から何も返信が無ければ今の段階で脈は0だと判断してこれ以上のLINEは送らず、期間をあけて電話をする戦略に切り替えます。

その電話の中で、今の彼が思っていそうな本音をあえてぶっこみます。

 

電話の例

私「よっ!(笑)」

 

彼「お、何?どーした?」

 

私「電話、待っていたのに全然くれないから寂しすぎてかけちゃったぁ~!もぉー!!笑」

 

彼「そっか(笑)ごめん(笑)」

 

私「私の事、タイプじゃないし全然興味ないでしょ??笑。どーせ、タイプの可愛い子に、ばっか連絡しているんでしょーー!!!もーこれだからモテる男はヤだわwwお詫びにデート行きましょう。お願いします(真顔)」

 

彼「は?wwいや、連絡してねぇーしwwあと、なんでお詫びにデートなんだよ。わけわかんねぇよww」

あえて会話中に彼の本音をぶっこんで『コイツは俺の本心を理解している女だ』という印象を残してください。

人は本心を理解している人に対して心を開く性質があるからです。

もう2つポイントですが、彼を笑いながら軽めに下に見ている文面を入れてください。

『どーせ、タイプの可愛い子にばかり連絡しているんでしょーー!!!もーこれだからモテる男はヤだわww』の部分ですね。

私はあなたの事を理解しているし、あなたよりもっと価値のある女なのよと暗にアピールする事になります。

ここの文面は非常におすすめですので活用してみてください。

 

最後の『お詫びにデート行きましょう。お願いします(真顔) 』ですが、この部分は軽めに下げてから、でもあなたとデートに行きたい!

本当は気になっているという事を伝えています。

でも、不思議と嫌らしさがありませんよね。

 

本音を建て前で上手くコーティングしているからです。

本音だけをストレートに伝えると、相手が引いてしまう可能性もあるので、あえて笑いの要素(真顔で言っている部分)を混ぜる事で場の空気をやわらげ相手にプレッシャーをかけずに誘い出す事が出来ます。

                          

大人の社交場』としての『出会い』。

洗練された空間と色鮮やかな食事は

ワンランク上の出会いを創造してくれます。

上品な空間で見つける出会いは

運命をも感じさせてくれるでしょう。

心地よい接客と絶え間ない笑顔。

そして、運命的な出会いを手に入れてください。

Pick!

New!